【Unity】[uGUI]新しいGUIシステムuGUI使ってみた Part.1

新しいGUIシステム「uGUI」を色々触ってみたので
簡単な使い方などを説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

uGUIとは

Unity 4.6から提供される予定の新しいGUIシステム。
ボタンやテキストなどのGUIを表示する場合は、
今まではスクリプトのOnGUIで記述していたが、
このシステムを使えばScene上で直接配置できる。
「有名なアセットNGUIのように」

ボタンを作成してみよう

GameObject -> UI -> Button を選択

btn
そうするとCanvas,Button,Text と EventSystem というのが作成されます

kekka

Canvas

Canvas上に描く!というシステムとなっており、このオブジェクトの子として配置したものが
描画されます。

Button

ボタンの画像のオブジェクトです

Text

ボタンの上に描画される文字オブジェクトです

EventSystem

ボタンを押した!などのイベントをキャッチするためのイベントです。
1シーンに1個あるだけでOKです

ボタンを移動・配置してみよう

これはすごく簡単です!
今までのCubeなどのオブジェクトのようにシーン上で自由に配置できます

haiti

如何でしたでしょうか?
簡単にボタンを配置できた事かと思います。
UIの中には他にもさまざまなテンプレートが用意されていますので、
色々と適当に触ってみるだけでも面白いです。

次回
【Unity】[uGUI]描画順序について Part.2

スポンサーリンク

フォローする